仮想通貨のマイニングの仕組みとは

投稿者: |

仮想通貨というのは世界中でやり取りをされています。そのやり取りは全てブロックチェーンという仮想通貨の台帳に記録をされ、それを書き換えることは出来ません。なぜなら、ブロックチェーンは全てハッシュ関数と呼ばれている特殊な暗号化などで用いられる演算式方法で、一度変換したものは元に戻すことは不可能だといわれています。仮想通貨というのはこの演算式の方法で、仮想通貨のやり取りというのを暗号化のように計算を行い、ハッシュ化することによって英数字の文字列が出されます。これが仮想通貨のやり取りを計算した答えになります。 この答えはそのまま仮想通貨のやり取りを記録する台帳に追記するのではなく、一度承認をしてもらわなくてはいけません。この承認作業にあたるのが仮想通貨のマイニングです。ただ記録を承認するのではなく、その取引を計算してすでに出ている答えを導き出さなくてはなりません。そのため、マイニングというのは取引を計算する役目だと思われている方も多いのですが、正しくは答えあわせをしていき、承認していく作業であると言えます。 改ざん不可能なハッシュ関数を用いた計算ですので、人間の力ではなくコンピューターの機能を用いて行なわなくてはいけません。この計算というのは高機能のコンピューターが必要であり、膨大な電力も必要としています。そのため、日々世界中で多くの人が取引をしている仮想通貨のやり取りの計算と承認を行なうことを、手伝うのがマイニングの役割です。マイニングはボランティアではありませんので、承認作業を行なった際には仮想通貨での報酬を受け取るような形となっており、取引の承認を一番早く行うことが出来た人だけに報酬が支払われます。 マイニングを行なう際には、まず未確認の取引を確認し、計算を行い答えが出るまで計算を行う仕組みになっています。未確認の取引の承認作業には誰でも参加をすることができますが、一番早く承認を行なわなくては意味がありませんので、ハイスペックなコンピューターが求められています。しかし、近年では複数の人とタッグを組んで一つの取引を承認する為に分担して計算を行なうというような方法を取り入れている人も多くなっていますので、必ずしもハイスペックなコンピューターが必要だというわけではありません。マイニングも大きな力を合わせることによってこれまでなかなかマイニングで利益を得ることができなかったというような方も成功できる可能性が高まっています。