日本におけるマイニング事業

投稿者: |

日本においてマイニングにて収益を得ている事業者とは何かについて解説をします。まず、日本国内でマイニングを行っている事業者はパソコンスクールなどパソコンを使用してプログラミングを学ぶなどパソコンに関する事業を行っている会社がマイニングも事業として行っています。 何故、マイニングを事業として行っているかですが、マイニングには自己がプログラミング技術を駆使してブロックチェーンを繋ぐ作業を担うものがあります。プログラミングのやり方や言語を教えている事業者であれば、プログラミング技術を駆使して報酬を得るというマイニングは、ある意味副業や自社の宣伝にもつながるため、あえて事業としてチャレンジし、自社を宣伝していると言ってもよいのです。 マイニングにて一番を取る回数が多ければその分、プログラミングを教えている講師陣営は優秀な人材であると宣伝できるため、プログラミングを教えている事業者としてはとても魅力的なプログラムであると言ってよいのです。しかも事業者に仮想通貨にて報酬も得られるためプログラミング技術を教えるという本業以外にも副収入が得られるため会社も潤うという利点が会社側にあります。 しかしながら、問題もあり、問題としてはライバルが多く、日本人のプログラマーが果たしてどのくらいのレベルであるかと言う問題もあります。つまり、人数がたくさん多い国、例えばアメリカや中国などたくさんのプログラマーを抱えている国に対抗できるかどうかということが重要で、対抗できなかった場合、報酬は得られないです。 また、企業によっては税金対策をしていてマイニングに投資することで税金対策をしているとみなされる企業もあり、マイニングで得られた報酬を税金として納める必要性など、本業とは異なるお仕事でかつ副業であるにも拘らず、十分な報酬を得られている場合においては、税金対策をしていると国税庁に思われることもあり、過去にわたりマイニングで得た報酬額を調べられることもあるため、決して安易な副業ということではないです。 もちろん個人でマイニング事業に準ずることも可能ですが、こちらの場合得られる物がマイニングで得られる報酬の身になりますので、企業と異なり、自己の価値を高めるということにはあまり繋がらないのであくまで会社と言った組織が日本においてはマイニングに準ずると言ってよく、企業の価値を高め技術力を見せるためにマイニングに参加するということが、日本でのマイニングに準ずる事業者であると結論付けます。