株式投資を始めるために必要なもの

投稿者: |

将来のために少しでも資産を増やしておきたい、そんな時に有効な方法が投資です。投資の中でも特にメジャーな方法といえば株式投資ですが、始める前には準備が必要です。売買差益によって利益を生み出していくデイトレードなどの取引方法は勿論、配当金や株主優待などに興味を持っている場合も、まずはスムーズに株の購入ができるように準備を始めておくと良いでしょう。

株式投資を始める上で、まず必要となるのが証券口座です。資金があっても、証券口座がなければ株を購入することはできません。口座開設までにかかる期間は業者によっても異なりますが、1週間程度の期間が必要となることも多いため、株による投資を始めたいと考えたら、その時点で証券会社の口座を開設しておくと良いでしょう。

証券会社の口座を開設するために欠かせないものが、運転免許証などの本人確認書類とマイナンバー確認書類です。マイナンバーを提示することに対して不安を感じる人もいますが、証券会社が申告を行う際に利用者のマイナンバーを記載することが法律で義務付けられているため、提示を拒むことはできません。

マイナンバーは、マイナンバーカードではなく通知カードやマイナンバーが記載された住民票の写しなども有効です。証券会社の口座を開設したいと考えているのであれば、個人番号を証明できる書類を手元に用意しておくと良いでしょう。

本人確認書類で、最も望ましいものは顔写真がついた運転免許証やマイナンバーカードなどです。中でも、マイナンバーカードに関しては、これ一枚で本人確認とマイナンバーの確認まで可能となっている業者もあります。ただ、提示を求める書類の種類は業者によって様々です。本人確認書類の種類によっては、複数の書類の提示を求められることも少なくないため、スムーズに口座開設の手続きを進めていきたいのであれば、いくつかの書類を手元に揃えた上で開設準備を始めると良いでしょう。

こうした書類は、郵送の場合はコピーをしたものを送付する形となります。それに対し、WEBから全ての手続きを完了させる場合は、撮影した写真を添付して送付するだけで良いため、より手軽に手続きを進めていくことができます。そして、こうしたマイナンバーや本人確認書類の他に、実際に取引を始めるための資金も用意しておけば、口座開設が完了した後すぐに株の売買に進めるようになるでしょう。将来的に株取引を始めたいという場合も、早めに証券口座開設をしておいて損がありません。